ホーム > 在宅のデータ入力 > 【データ入力】ブログを書くのが仕事!?

【データ入力】ブログを書くのが仕事!?

WEBライターの仕事の部類になりますが、ブログを書くことが仕事になる場合があります。これは、どういうことかというと、テーマに沿ったブログを書くことで閲覧者に興味をもってもらい、本来行っているサービスやそのブログに載せている広告に誘導するというようなものです。一般的にブログは個人が行うSNSであり、趣味のブログというのが多いですが仕事として書くのは、主に情報ブログになります。

とはいうものの、情報だけでなく例えばペット関連のブログの仕事などもあります。これは、一見趣味的なブログに見えますが、ペットの関連サービス会社が行っているブログであったり、ペット関連の商品を販売しているショップのブログを書くことで、より多くのお客様にサービスや商品を知っていただく意図があります。ブログはキュレーションサイトよりも一層親しみを感じる媒体ですし、普通に読んでいればだれかが個人で書いているようにも思えますのでより身近に感じることができるのが利点です。

普段ブログを運営している方で、「ブログが仕事になるの?」と驚かれた方もおられるでしょう。ふつうは個人が運営しているブログは芸能人公式ブログとは違い、アクセス数もさほど多くありません。人気ブロガーのかたももちろんいらっしゃいますが、皆さんが人気ブロガーになれるというわけでなく、そもそもブログで稼ごうとブログを始める方はそんなにいませんよね。ブログを始めるきっかけは、子供の成長を見てほしい、ペットの様子を見てほしいなど、自分の日常生活を発信したいためにおこなうものですので、そこにビジネス性はないわけです。

ブログの仕事は、普段ご自身が運営されているブログのように、直接システムに打ち込んでいくのが一般的です。ネット上には未公開のまま提出し、会社の方でチェックしてもらってから正式公開になることが多いです。これも文字数換算で報酬をもらえることがほとんどですので、1文字1円など文字単価が決められています。1000文字書けば1000円になるわけですから、時給換算すればなかなか割のいい仕事といえるのではないでしょうか?