ホーム > 在宅ワークを行う前に > 【準備】在宅ワークに必要な資格とは?

【準備】在宅ワークに必要な資格とは?

仕事の方法はさまざまですが、最近注目されているのが在宅ワークです。文字通り、家で仕事をすることですが、一昔前と違って在宅ワークといえば内職というようなイメージは現在ではあまりありません。それは、ネットワーク環境の目覚ましい進歩により、家にいながらにしてほとんどの生活ができてしまう世の中になったという背景があります。ですので、仕事自体が出勤しなければできないという概念が失われつつあります。

この、在宅ワーク環境の整備のおかげで、今まで仕事をしたくてもできなかった主婦の方、子育てや介護で忙しくて仕事をする時間が取れない、でも何か収入になることをしたいという方々の希望が多くかなうようになりました。現在では、主婦の方以外でもサラリーマンの方であっても昼間に仕事をして、帰宅してから副業という形で勤務して少しでも収入を得たいという方が日々頑張る世の中になりました。

このような在宅ワークですが、在宅ワークにもさまざまな種類があります。データ入力や、モノづくり、販売、コンサルタントなどさまざまな形態があります。誰もが手軽にできる在宅ワークが人気ではありますが、この在宅ワークを行うのに本当に誰でも手軽にできるものなのでしょうか?実は資格が必要だったりしないのでしょうか?そんな疑問にお答えしましょう。

結論から言えば、在宅ワークを行うのに資格はほとんど必要ありません。ほとんどというのは、仕事の内容によっては資格や免許が必要なものもあり、100%誰でもできるとは言えないからです。例えば、データ入力の仕事でもWEBライターと呼ばれる仕事。この仕事は一般的には資格は不要ですが、書く内容によっては資格が必要になります。それは専門分野についての執筆です。仮に「医師が教える予防医学」というような内容についての執筆があったとしましょう。これを医師免許がない方が勝手に書けば、「医師が教える」と銘打っているのに医師ではない人が発信していることになり、これは立派な違法行為になってしまうのです。このように資格がなければ書けないような内容のものはそれなりに単価が高いです。ということは、書いたものにも責任を持たなければならないということでもあります。無資格の方が無責任な文章を書いていいのかという意味ではありませんが、法律に触れるような専門的な内容を書く場合は、その身分の資格が必要です。

ですが、ほとんどのライター業は資格や免許なくできますので、安心してください。では、在宅ワーカーに資格は必要なくても資格はないのでしょうか?特に資格はなくてもできる仕事でも、資格を取得することで自分の自信につながることは確かですよね。WEBライターに限って言いますと、

  1. Webライティング能力検定(日本WEBライティング協会)
  2. WEBライティング技能検定(日本クラウドソーシング検定協会)
  3. Webリテラシー試験(ボーンデジタル)
  4. ビジネス著作権検定(サーティファイ)

などがあります。もしご興味があれば挑戦という感覚でテストを受けてみるのもいいかもしれませんね。