ホーム > 在宅ワークを行う前に > 確定申告について

確定申告について

在宅ワークで意外なのが、確定申告をしなければならないという点です。在宅ワークについて、内職感覚で考えておられる方も多くまさか確定申告をしなければならないケースがあるとは思わない方も多いようですね。

例えば、大手クラウドソーシング会社に所属している場合は、希望であれば税金を収入から天引きしてくれる場合もありますが、在宅ワークの場合は基本的には自分で管理をしなければなりません。ですので、確定申告もご自身で行うことが必要になることがあります。在宅ワーカーは、いわば個人事業主になりますので主婦だからといって確定申告をしなくてもいい、関係ないということはありません。

個人事業主には確定申告が必要というのは申し上げたとおりですが、1円でも収入があったら必要になるというわけでもまたありません。国税庁のウェブサイトでは、確定申告を行うべき人の規定に「給与を1か所から受けていて、各種の所得金額(給与所得、退職所得を除く)の合計額が20万円を超える」とあります。つまり、在宅ワークの収入から必要経費を差し引いた金額が20万円を超える場合に初めて、確定申告が必要になります。扶養控除から外れる「103万円」が確定申告のボーダーラインだと勘違いされている方も多いようですので、くれぐれもお気をつけ下さい。

確定申告には領収書や収支内訳書が必要ですし、個人でビジネスを始めるという意味では青色申告や国民健康保険についてなど、知らなければならないこと、知っておいた方がお得なことが他にもたくさんあります。と、ここまで聞くと非常に面倒なことのように聞こえると思いますが、一からすべてを勉強する必要はありません。税務署の職員さんが丁寧に教えてくれますので、躓いたら聞いてみるようにしましょう。とにかく、分からないことは専門家に聞くのが一番です!

確定申告はちょっと書類の作成と手続きが必要なだけで、特にデメリットはありません。むしろ、行わないことで脱税の疑いがかけられ、税務署の調査が入ったり、延滞金が取られてしまうリスクが発生します。ですから、多めにヘソクリを作ろうなどとは考えず、申告が必要な金額を超えたら大切な家族のためにも必ず確定申告を行うようにしましょう!